画文帯仏獣鏡(求心式四仏四獣鏡) がもんたいぶつじゅうきょう

考古資料  金属製品類 / 古墳 / 日本  中部  愛知県 

古墳時代
青銅製
径21.5cm
1面
名古屋市中区 大須二子山古墳

この鏡が造られた中国六朝時代には、鏡背面を飾る文様として、従来の神仙像のほかに、少数ではあるが仏像が現れてくる。細長い獣形を置いて四区画を設け、その間に三尊像2種類、二尊像2種類を配置している。出土後長らく所在不明であったが、拓本や写真が決め手となり大須二子山古墳のものと判明した。

作品所在地の地図

関連リンク

画文帯仏獣鏡(求心式四仏四獣鏡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

画文帯四仏四獣鏡
三角縁神獣鏡
画文帯四仏四獣鏡
三角縁神獣鏡
矢ノ浦古墳出土変形獣帯鏡
ページトップへ