画文帯仏獣鏡 がもんたいぶつじゅうきょう

考古資料 / 古墳 / 岡山県 

出土地:岡山県倉敷市 王墓山古墳出土
古墳時代・6世紀
青銅製
直径21.5㎝ 高2㎝
1面

縁付近には禽獣+きんじゅう+・羽人・神仙が巡る画文帯、中心には仏像と霊獣+れいじゅう+が描かれています。5世紀の中国において、従来の神仙+しんせん+思想と、新しく隆盛した仏教とが融合してできた鏡です。同型の鏡は、愛知県大須二子山+おおすふたごやま+古墳や千葉県鶴巻塚+つるまきづか+古墳などで発見されています。

作品所在地の地図

関連リンク

画文帯仏獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

画文帯仏獣鏡(求心式四仏四獣鏡)
三角縁神獣車馬鏡
奈良県佐味田宝塚古墳等出土品
画文帯五神四獣鏡
三角縁神獣鏡
ページトップへ