文化遺産オンライン

画文帯神獣鏡

ガモンタイシンジュウキョウ

作品概要

画文帯神獣鏡

ガモンタイシンジュウキョウ

考古資料

面径:21.2cm

1面

古墳時代中・後期、五~六世紀頃の古墳から出土する画文帯環状乳神獣鏡。内区には神像と獣像を交互に配置している。文様の精度が高い。「天王日月」の銘がある。漢代の画文帯神獣鏡を原鏡として、六朝時代に踏み返し鋳造が行われ、日本列島に輸入されて古墳に副葬品として納められた。同型鏡として奈良県藤ノ木古墳出土鏡など数面が知られている。

画文帯神獣鏡をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 古墳

関連作品

チェックした関連作品の検索