脇差 銘 長曽禰興里入道乕徹 わきざしめい ながそねおきさとにゅうどうこてつ

金工 / 江戸 / 日本 

長曽禰興里入道乕徹
ながそねおきさとにゅうどうこてつ
江戸時代
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

新撰組局長近藤勇が用いたことでも有名な名刀乕徹。丈夫で軟らかく、切れがあるという名刀の条件を満たし、美と武を兼ね備えている点が特徴。作した刀工の名は長曽禰興里といい、剃髪して入道名を乕徹と名乗った。

作品所在地の地図

関連リンク

脇差 銘 長曽禰興里入道乕徹チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇指 銘同作彫之長曽祢興里虎徹入道
二王清長 脇差
太刀〈銘元重/〉
紺裾濃胴丸具足一式
刀 銘 讃州住盈永
ページトップへ