江戸から長崎迄街道図(日本橋より長崎迄道中記) えどからながさきまでかいどうき(にほんばしよりながさきまでどうちゅうき)

絵図・地図 / 江戸 / 日本 

香川県外
江戸時代/18世紀
巻子装
54.8×1816.2
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

江戸を出発点として、大坂までは陸路(東海道)、大坂からは瀬戸内海から関門海峡を抜け、長崎にいたるまでの道中風景を描いている。大型の豪華な絵巻であり、城下町や道行く人々の様子も詳細に描かれるなど、道中図のなかでもその描写に優れる。城主や奉行名の記載があり、享保19年(1734)頃の景観を記すと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

江戸から長崎迄街道図(日本橋より長崎迄道中記)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀬戸内海航路図(渡海絵図)
長崎港之図
西国海路図絵巻
高松城下図屏風
両国橋  TWEELANDBRUK
ページトップへ