Tanto Sword

Details

Tanto Sword

others / Edo

By Kotetsu

Edo period, dated 1661 (Kanbun 1)

1口

虎徹は越前の鍛錬集団長曽祢派の出身で甲冑師であったと伝え、明暦年間(1655~1657)を少し遡るころより刀剣を製作したと考えられている。この短刀は、虎鉄が古作を写したとされる比較的初期の作品で、浅く反りのついた身幅の広い姿やほつれのある直刃(すぐは)は珍しい。

Search by Tanto Sword

Search by By Kotetsu

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ 短刀 / / Sword

Related Works

Search items related to work chosen