文化遺産オンライン

太刀 銘長光

タチ メイナガミツ

作品概要

太刀 銘長光

タチ メイナガミツ

金工

刃長:71.8cm 反り:2.5cm

1口

重要文化財

長光(ながみつ)は、備前長船(おさふね)派の祖、光忠の子と伝えられ、その作品は多く作域も広い。 身幅やや広く、中ほどで強く反る形姿と、小板目肌がよくつんだ鍛えの地鉄(じがね)に白く曇ったような乱映(みだれうつ)りが立って、さらに丁子乱(ちょうじみだれ)に蛙子丁子(かわずこちょうじ)を交えた華やかな刃文を焼くなど、初期長船派の特色をよく表している。

太刀 銘長光をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 長光 / 太刀 / 長船

関連作品

チェックした関連作品の検索