文化遺産オンライン

太刀 銘安清

タチ メイヤスキヨ

作品概要

太刀 銘安清

タチ メイヤスキヨ

金工

刃長:80.6cm 反り:3cm

1口

重要文化財

鎌倉時代前期ころまでの初期備前鍛冶を「古備前」と呼ぶ。小鋒(こきっさき)で先が反らない姿、地には白くかすんだような乱映(みだれうつ)りが立ち、丁子乱(ちょうじみだれ)に互の目(ぐのめ)を交える刃文など、古備前の典型作風を示しており、安清の活動地が知られる。しかしその名を名鑑等にとどめないことから、一説には伯耆(鳥取県)鍛冶ともいわれる。

太刀 銘安清をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 太刀 / 備前 /

関連作品

チェックした関連作品の検索