太刀 銘 吉包 附 葵紋散糸巻太刀拵

その他 

重要文化財

備前鍛冶のなかで、鎌倉時代初期にあらわれる一文字派(いちもんじは)以前のものを古備前(こびぜん)と呼ぶ。吉包もその一人で、板目(いため)のやや肌立った地鉄(じがね)に、直刃調(すぐはちょう)に小乱(こみだ)れを交えた刃文(はもん)の作風を示している。寛永3年(1626)二条城行幸の際、将軍家光から桂宮の若宮へ献上された。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 吉包 附 葵紋散糸巻太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈無銘福岡一文字/〉附糸巻太刀拵
太刀 銘 備前国友成
太刀 銘 備前国友成

古備前友成

太刀 銘安清
太刀〈銘利恒/〉
太刀
太刀

古備前包平(名物 大包平)

ページトップへ