太刀 銘 吉房

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 鎌倉 

福岡一文字吉房
鎌倉時代・13世紀
1口
国宝

備前国福岡庄に住した一文字派のなかで、吉房は最も華やかな丁子刃(ちょうじば)の作風を示す刀工として知られている。身幅が広く豪壮で、華やかな丁子刃に映(うつ)りの立った作風は備前刀のもっとも成熟した形として定評があり、この太刀はまさにその典型作といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 吉房チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘吉房/〉
太刀
太刀

福岡一文字吉房(号 岡田切)

太刀〈銘吉房/〉
刀[重要刀剣][重要小道具(拵)]
刀[重要刀剣][重要小道具(拵)]

(無銘)伝 助真[鎌倉一文字]

刀〈無銘助真/〉
ページトップへ