太刀〈無銘福岡一文字/〉附糸巻太刀拵 たち〈むめいふくおかいちもんじ〉つけたりいとまきたちこしらえ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

福岡一文字
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、小鋒、鍛板目、刃文丁子、茎生ぶ、目釘孔二。
身長77.2 反3.0 (㎝)
1口
刀剣博物館 東京都墨田区横網1-12-9
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人日本美術刀剣保存協会
国宝・重要文化財(美術品)

細身で小鋒の優美な姿をして、鍛は板目、刃文は華やかな丁子乱である。鎌倉時代初期に備前国福岡に在住したいわゆる福岡一文字の作で、きわめて華麗な作風を示した優品である。附【つけたり】は梨子地に桐文を蒔絵した、江戸時代初期のもので、武家儀仗の典型的な拵である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈無銘福岡一文字/〉附糸巻太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘吉房/〉
太刀〈銘豊後国行平作/〉
刀〈無銘吉岡一文字/〉
太刀〈銘助真/〉
刀〈無銘助真/〉
ページトップへ