太刀〈銘利恒/〉 たち〈めいとしつね〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 平安 / 近畿 

利恒
京都府
平安
1口
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19760605
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

利恒は平安時代末期の備前国古備前正恒派の刀工で、現存する作刀は少ない。
 この太刀は古備前物の中では大作で、現在は磨上げてはいるが、なお大振りであり、原は三尺をこえる長大なもので大包平(国宝・東京国立博物館)、真恒(国宝・久能山東照宮)、を上まわる豪壮な太刀であったことがわかる。地刃の作風は板目肌に映りごころがあり、小沸出来の小乱に丁子を交え、古備前物の特色を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘利恒/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘利恒
太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘成高/〉
小太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘則国/〉
ページトップへ