太刀〈銘光忠/〉 たち〈めいみつただ〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

光忠
東京都
鎌倉
1口
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19750612
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

日本刀の作刀の盛んな土地として繁栄した備前国(岡山県)の長船鍛冶の始祖である光忠の作である。
 光忠有銘の現存作は比較的少ないが、本太刀は磨上げながら有銘である。細身であるが華やかな刃文、地肌に乱映りがあらわれているので長船派の作風の特色顕著な優作である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘光忠/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘光忠/〉
刀〈金象嵌銘光忠 光徳花押/生駒讃岐守所持〉(生駒光忠)
太刀〈銘助真/〉
ページトップへ