文化遺産オンライン

太刀 銘 長光

たち ながみつ

作品概要

太刀 銘 長光

たち ながみつ

金工 / 鎌倉 / 日本

日本

鎌倉時代

長70.9㎝ 反2.3㎝

一口

東京都港区南青山6-5-142

根津美術館

重要美術品

茎に「長光」の銘が瀟洒な細鏨で刻まれている。元はもう少し長く茎先を10センチほど切り詰めている。細身で刃文も直刃調に小丁子を交えて地味な作風であるため、長光の後期の作と見られている。地に乱れ映りが霞のように見えるのは備前刀の特徴であり、小さめの切先内の刃文であるいわゆる帽子は、三作帽子と呼ばれ、長光と子の景光、叔父にあたる真長の三工の帽子の形をいう。
長光は長船の光忠の子と伝えられ、鎌倉中期の長船を代表する刀工である。作品も多く現存し、優品も多い。

太刀 銘 長光をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

長光 / / 丁子 / 長船

関連作品

チェックした関連作品の検索