文化遺産オンライン

太刀 銘 備州長船秀光 紫檀地花鳥文蒔絵螺鈿太刀 康応元年六月 日 附金梨子地菊桐紋糸巻太刀拵

作品概要

太刀 銘 備州長船秀光 紫檀地花鳥文蒔絵螺鈿太刀 康応元年六月 日 附金梨子地菊桐紋糸巻太刀拵

その他 / 江戸

江戸時代・慶応元年(1865)

小反り備前と称される長船秀光の太刀で、直刃調の刃文の地味な作品である。元治元年(1864)、14代将軍家茂が上洛した際に朝廷に献上したもので、糸巻太刀はその時の拵である。折紙は献上の前年、本阿弥忠明によるもので、献上に合わせて認められたものであろう。(こぞ おさふね すぐは はもん こしらえ したた)(旧題箋)

関連作品

チェックした関連作品の検索