太刀 銘備州長舩家守/應永元年十月日 附 牡丹金襴包鞘花唐草文金具毛抜形太刀拵 タチ メイビシュウオサフネイエモリ/オウエイガンネンジュウガツジツ ツケタリ ボタンキンランツツミサヤハナカラクサモンカナグケヌキガタタチゴシラエ

その他の画像全9枚中9枚表示

金工 

1口

備前国家守は、長船派の中の少数派である「小反り」一派の刀工で、この太刀にも室町時代の特徴がよくあらわれている。拵は、復古的な思想を強く反映した太刀拵で、本阿弥家と並ぶ研師の名門、木屋家が太刀に合わせて製作したもの。製作に関与した各分野の工人の名前を列記した仕様目録が付随する点が極めて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘備州長舩家守/應永元年十月日 附 牡丹金襴包鞘花唐草文金具毛抜形太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘 備州長船貞家 応永廿八年二月日
太刀 銘備前国住雲次
金梨子地隅切葵紋散鞘毛抜形太刀拵
太刀 銘 吉包 附 葵紋散糸巻太刀拵
太刀〈銘利恒/〉
ページトップへ