太刀 銘「雲生作」 たち

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本 

鎌倉時代後期
鎬造り 庵棟 中鋒 生ぶ茎
全長96.5cm 刃長75.0cm 反り2.6cm
1口
重要文化財

雲生は備前国(岡山県)の刀工で、宇甘派の祖といわれ、同名の刀工が数代あると伝えられる。中反り(鳥居反り)の太刀姿は、鎌倉時代末期の特徴をよく示している。白鞘の墨書から、越後村上藩主内藤家に伝来した太刀であることがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘「雲生作」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘「国泰作」
太刀 銘「行平作」
太刀 銘備前国住雲次
太刀 銘備前国住雲次

備前国住雲次

太刀 朱銘 國行
太刀〈銘大和則長作/〉
ページトップへ