太刀 銘「国泰作」 たち

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  金工 / 鎌倉  南北朝 / 日本 

鎌倉時代末期~南北朝時代
鎬造り 庵棟 中鋒
全長96.4cm 刃長74.5cm 反り2.4cm
1口
重要文化財

肥後国(現熊本県)延寿国泰の作。国泰は「古延寿」と呼ばれる鎌倉時代末期の延寿派の刀鍛冶で、同名の刀工が数代にわたって続いている。磨上茎の先切となってはいるものの、鎌倉時代末期から南北朝にかけてよく見られる中反り(鳥居反り)の姿が美しい。国泰の代表作といえよう。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘「国泰作」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘「雲生作」
太刀 銘「行平作」
太刀 朱銘 来國光 
太刀〈銘大和則長作/〉
太刀 銘波平行安
太刀 銘波平行安

波平行安

ページトップへ