太刀〈銘大和則長作/〉 たち〈めいやまとのりながさく〉

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

大和則長
兵庫県
鎌倉
鎬造、庵棟、鎬高く鎬幅広く、中鋒の太刀。鍛は板目肌流れ柾交じり、地沸よくつく。刃文は中直刃に互の目交じり、打のけ、ほつれ、二重刃あり、足刃衣は入り、沸く強い。帽子は沸く…
長73.3 反り2.0 (㎝)
1口
兵庫県西宮市苦楽園三番町14-50
重文指定年月日:19520719
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人黒川古文化研究所
国宝・重要文化財(美術品)

大和国尻懸則長の作。則長の名は鎌倉末期から室町時代まで数代におよぶ。中反り中鋒の姿から鎌倉時代末期の則長の作と鑑せられ、鎬幅広く、鎬高の造込みには大和物の特色があり、また直刃に連れた互の目を交えるなど、則長の見所がよく示されている。鞘書きに徳川三代家光より拝領とある。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘大和則長作/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘則国/〉
太刀
太刀

尻懸則長

太刀〈銘則房/〉
太刀〈銘来国光/〉
ページトップへ