太刀 朱銘 来國光  たち しゅめい らいくにみつ 

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本  九州  佐賀県 

来 國光
らいくにみつ
鎌倉時代末期
刃長71.6cm 反り2.2cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会
佐賀県指定重要文化財

4代鍋島吉茂の佩刀と伝えられる。作者の来国光は来国俊の子あるいは門人とされ、鎌倉末期から南北朝初期にかけての京都来派を代表する刀工。江戸初期に活躍し肥前刀の祖といわれる初代忠吉は、国光の刀をもっとも理想としていたとされる。この太刀は鎌倉末期の典型的な優品で、実戦向きの豪壮な姿と格調の高さをうかがうことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 朱銘 来國光 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 朱銘 國行
太刀 銘「雲生作」
刀 銘 肥前國住藤原忠廣 寛永七年八月吉日
太刀 銘「国泰作」
刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之
刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之

来国光(埋忠磨上)

ページトップへ