刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之 カタナ ガクメイライクニミツキリツケメイウメタダコレヲスリアゲル

その他の画像全5枚中5枚表示

金工 

1口
重要文化財

来国光(らいくにみつ)は、鎌倉時代末期に活躍した、京、来派の刀工である。彼は来派の中でも作域が広く、刀身は細く古様なものから身幅の広い豪壮なものまである。また来派の特色である直刃(すぐは)基調の刃文も、細直刃から広直刃まで焼いている。 この刀は身幅が広く、刃縁(はふち)から刃先に向かって線・点状の足・葉(よう)を交えた広直刃を焼いて、来国光の一作風を示す。元来は長寸の太刀であったが、江戸初期に埋忠明寿(うめただみょうじゅ)がやや短く磨上(すりあ)げて刀としたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 額銘来国光切付銘埋忠磨上之チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘山城国西陣住人埋忠明寿(花押)
刀〈額銘来国光切付銘埋忠磨上之/〉
刀 無銘(来国光)
太刀 銘備前国住雲次
太刀 銘長光
ページトップへ