太刀 朱銘 國行 たち しゅめい くにゆき

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 鎌倉 / 日本  九州  佐賀県 

来 國行
らいくにゆき
鎌倉時代中期
刃長70.6cm 反り2.4cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会
佐賀県指定重要文化財

この太刀は2代藩主鍋島光茂の佩刀と伝えられる。時代を反映した豪壮な太刀姿で、均整のとれた浅い反りと身幅が広い豪壮なつくりは鎌倉中期の典型的な姿を残しており、品格が高い。作者の国行は、鎌倉時代中期を代表する山城国(京都)の刀工で、来派の祖とされる。その作刀は身幅が広く踏ん張りがあり、切先が猪首風になったものが多い。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 朱銘 國行チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 朱銘 来國光 
太刀 銘「雲生作」
太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘吉房/〉
太刀 銘友成作
ページトップへ