太刀 近景 たち ちかかげ

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 / 鎌倉 

(銘)備前國 長船住 近景
ちかかげ
日本
鎌倉時代後期/建武2年(1335)
長79.2cm、反2.24cm
1
重要文化財

備前国(岡山県)は、平安時代以来、現代にいたるまで日本刀の代表的な産地として、長い歴史と伝統をもつ。とりわけ平安、鎌倉、南北朝、室町の各時代は、優れた刀工が数多く輩出し、さながら刀剣王国の観を呈した。近景は、鎌倉中期にあらわれた長船派の巨匠・光忠、長光直系の名工として、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した。本作では、よく詰んだ板目肌に直刃調の小丁字、直足が入った刃文が焼かれ、やや磨り上げられているが、身幅が広い、堂々たる鎌倉後期の風格を今に伝えている。昭和25年に重要文化財に指定された名品。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 近景チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(通称今村兼光)
太刀 一文字
太刀 一文字

(銘)一

太刀 銘長光
太刀  銘 長光
太刀
太刀

備前元重

ページトップへ