文化遺産オンライン

太刀 銘「行平作」

たち

作品概要

太刀 銘「行平作」

たち

金工 / 工芸品 / 鎌倉 / 日本

鎌倉時代初期

鎬造り 庵棟 小鋒 生ぶ茎

全長97.7cm 刃長79.7cm 反り2.6cm

1口

重要文化財

行平は、鎌倉時代前期に活躍した豊後国(現大分県)の刀工で、後鳥羽院御番鍛冶の一人と伝えられている。細身で腰反りのある優美な太刀姿や、刀身にある仏像の彫り物など、行平の特徴をよく示している。本資料は戦前に国宝指定を受けたもので、指定当時は徳川宗家の所有であった。

太刀 銘「行平作」をもっと見る

名古屋市博物館をもっと見る

キーワード

太刀 / / / 行平

関連作品

チェックした関連作品の検索