太刀 銘 備州長船貞家 応永廿八年二月日 たち めい びしゅうおさふねさだいえ おうえいにじゅうはちねんにがつ

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 室町 / 東北 

備州長船住貞家
室町初期/1421
形状は鎬造りで庵棟。太刀の腰元から反る腰反りで姿がよく,腰反りの付いた太刀姿を基調とする。地鉄はよく詰んだ板目肌に杢目・流れ柾を交え,地影が入る長寸勇躯の太刀である。 茎…
全長:107.6㎝,刃長:79.2㎝,反り: 2.4㎝,茎長:28.3㎝
1口
盛岡市指定
指定年月日:20160427
有形文化財(美術工芸品)

当該物件は,岩手県指定有形文化財「雉子尾雌雄御太刀拵」の雌拵に収まる太刀である。「雉子尾雌雄御太刀拵」及び雄太刀拵に収まる太刀「銘 備前国長船住真長」(重要美術品)とともに,雌雄一式の拵・太刀が市に所在することは歴史的に意義があり,文化財としての総体的価値を相乗的に高めることとなる。

関連リンク

太刀 銘 備州長船貞家 応永廿八年二月日チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘備州長船住景光/元亨二年□月日〉
太刀 銘備州長舩家守/應永元年十月日 附 牡丹金襴包鞘花唐草文金具毛抜形太刀拵
太刀〈銘備州長船兼光/延文三年二月日〉
太刀 銘 信房作 附糸巻太刀拵
太刀〈銘備前国長船住左兵衛尉景光、作者進士三郎景政、嘉暦二二年已巳七月日/〉
ページトップへ