太刀 銘 康光 たち めい やすみつ

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 室町 / 高知県 

康光
やすみつ
高知県
室町時代
鎬造、庵棟、鍛は板目、刃文互の目乱れ
刃長:82.8cm
1口
所在地:高知県立高知城歴史博物館
所有者:掛川神社
重要文化財/指定番号(登録番号):01531(T10.4.30指定)

備前国長船(現岡山県瀬戸内市)で制作された「長船物」の刀剣。康光は南北朝時代末から室町時代初期に活躍した長船派の刀工。
この太刀は、10代土佐藩主山内豊策が掛川神社に奉納したもので、文化11年(1814)12代藩主豊資が研ぎ直し、外装を改めた。
錦包糸巻太刀拵が付属する。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 康光チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘 国時
太刀 銘 備前国長船兼光/文和二二年乙未十二月日(通称一国兼光)
太刀 銘 備前国長船兼光/建武三年丙子十二月日(通称今村兼光)
太刀 銘備前国長船住人真光
太刀 銘備前国長船住人真光

備前国長船住人真光

太刀〈銘備前国長船住左兵衛尉景光、作者進士三郎景政、嘉暦二二年已巳七月日/〉
ページトップへ