文化遺産オンライン

太刀

たち

作品概要

太刀

たち

その他 / 鎌倉

長船長光

鎌倉時代・13世紀

1口

銘文:銘 長光

国宝

長光は光忠【みつただ】の子と伝えられ、文永11年(1274)から嘉元2年(1304)までの30年間の作品があり、二代説もありましたが、現在は一代とする説が有力です。小板目【こいため】の約【つ】んだ地鉄【じがね】に、丁子刃【ちょうじば】に互【ぐ】の目【め】の交じった華やかな刃文【はもん】を焼いて、光忠に似た作風をうかがわせます。

太刀をもっと見る

長船長光をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

長光 / 長船 / / 太刀

関連作品

チェックした関連作品の検索