短刀 銘「記州粉河寺國次 明應五年六月吉日」 たんとう めいきしゅうこかわでらくにつぐ めいおうごねんろくがつきちじつ

画像の利用条件等に関しては、登録館へお問い合わせください。

工芸  金工 / 室町 / 日本  近畿 

国次
くにつぐ
室町時代後期/1496
鍛造
刀長18.0cm,反り0.0cm
1口

 本品は、平造で反りのない短刀で、刀身の表に素剣を刻み、裏に腰樋と添樋を通す。栗尻の茎は生ぶで、茎の表裏に大振りな銘文を切る。鍛えは板目肌を基調とし、刃文は直刃が多い国次では珍しく湾れとなっており、帽子の返りは深い。銘の「國」の字体から、2代国次の製作と判断され、その活動時期を知る上で貴重な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

短刀 銘「記州粉河寺國次 明應五年六月吉日」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀  銘「國次」
刀 銘「國次」

国次(二代)

刀  銘「於南紀重國造之」
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
刀 差裏銘(金象嵌銘) 長義磨上 本阿(花押)
刀 銘 月山正信作 永正二年八月吉日
ページトップへ