刀 銘「國次」 かたな めいくにつぐ

工芸  金工 / 室町 / 日本  近畿 

国次(二代)
くにつぐ
室町時代後期
鍛造
刀長60.8cm,反り2.8cm
1口

 中世後期に、粉河寺の門前町で粉河寺の僧兵の求めに応じて作刀していたと考えられるのが、簀戸国次の流派であった。現在のところ、国次を名乗ったのは4代目まで確認できるが、この資料は、銘の字体から永正年間(1504~1521)ころの作例がみられる、3代国次の作と考えられる。刀身は細身で鍛え良く、直刃の刃文にこの流派の特徴がよく表れている。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘「國次」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短刀  銘「記州粉河寺國次 明應五年六月吉日」
刀  銘「於南紀重國造之」
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
刀 銘 影法師
刀 兼定
刀 兼定

兼定

ページトップへ