刀 銘「於南紀重國造之」 かたな めいなんきにおいてしげくにこれをつくる

工芸  金工 / 江戸 / 日本  近畿 

南紀重国
なんきしげくに
江戸時代前期
鍛造
刀長74.5cm,反り1.3cm
1口

 大和伝手掻派の流れをくむ重国は、駿府の徳川家康に仕えた後、紀伊徳川家初代藩主頼宣に従って和歌山に移り、その後数代にわたりお抱え刀工となった。本品は、重国による鎬造の刀で、反りの浅い姿を呈し、小切先で棒樋を通し、茎は栗尻である。わずかに湾れのみられる細直刃は、匂口がよく締まり、帽子は小丸である。銘文の書体と文言から、江戸時代前期の寛永年間(1624~44)のころ、初代重国による和歌山における作例とみなすことができる。

作品所在地の地図

関連リンク

刀 銘「於南紀重國造之」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇指 銘「以南蛮鉄於駿府包国造之 元和四戌午年三月吉日」
短刀  銘「記州粉河寺國次 明應五年六月吉日」
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
刀 無銘(左弘行)
刀 無銘則房
ページトップへ