脇指 銘「以南蛮鉄於駿府包国造之 元和四戌午年三月吉日」 わきざし めいなんばんてつをもってすんぷにおいてかねくにこれをつくる げんなよねんつちのえうまのとしさんがつきちじつ

工芸  金工 / 江戸 / 日本  近畿 

包国
かねくに
江戸時代前期/1618
鍛造
刀長44.4cm,反り1.2cm
1口

 本品は鎬造の脇指で、板目肌に柾目が交じった鍛えとなり、刃文は大和伝の特徴である中直刃にやや湾れが交じっている。刀工の包国は大和手掻派の流れを汲み、父・包貞は家康のお抱え鍛冶であったとされている。「国」に象徴される字体や鏨運びは、包国の他の作品と共通している。家康の死後、包国と重国(両者の関係は不明)は頼宣のお抱え鍛冶となった。インド産の鋼鉄である南蛮鉄は、和鋼に比べて必ずしも品質がすぐれているとはいえず、安価なものでもなかった。にもかかわらず、家康は好んだようで、お抱え鍛冶たちに南蛮鉄製の刀を多く作らせている。

作品所在地の地図

関連リンク

脇指 銘「以南蛮鉄於駿府包国造之 元和四戌午年三月吉日」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀  銘「於南紀重國造之」
太刀 銘則国
刀 銘 九州肥後同田貫上野介
刀 銘 筑州住左行秀鍛之/嘉永二二年二月日應小倉正治好
短刀  銘「記州粉河寺國次 明應五年六月吉日」
ページトップへ