倉敷本染手織研究所 くらしきほんぞめておりけんきゅうじょ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 岡山県 

外村吉之介
とのむらきちのすけ
1956
本町
石上信房

1956年に倉敷民藝館付属工芸研究所として、初代館長外村吉之介の自宅に設立され、後に現在の名称になりました。設備は手織り機(ばた)が9台で、各地から集まった女生徒のみ6・7名が1年間生活を共にしながら、民芸の考えと織物の技術を学ぶ世界一小さいが密度の濃い教育施設です。 卒業生は家庭で自家用か注文に応じて絹や毛・木綿・葛などの糸を天然染料で染め、和洋服地・結び織り緞通・ネクタイ・ショール・テーブルセンターなどを織っています。さらに倉敷本染手織研究会を組織してお互いの励みと勉強のために、また手仕事の優れた品物が社会に普及することを願い、1年に数回各地で展示即売会を催しています。

関連リンク

倉敷本染手織研究所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

倉敷段通
倉敷段通

矢吹貫一

久留米絣
首里の織物
喜如嘉の芭蕉布
朴沢学園裁縫学習資料
ページトップへ