ぎ園甲部歌舞練場正門 ぎおんこうぶかぶれんじょうせいもん

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1936
鉄筋コンクリート造平屋建、瓦葺、建築面積174㎡
1棟
京都府京都市東山区祇園町南側570-2
登録年月日:20010828
学校法人八坂女紅場学園
登録有形文化財(建造物)

祇園甲部歌舞練場は,明治6年に杉浦治郎右衛門が新しい歌舞芸能として考案した「都踊り」開催場として建設したことに始まる。鉄筋コンクリート造,平屋建,寄棟造・銅板瓦葺の建物で,敷地西側の花見小路に面して建ち,アプローチを構成する重要な要素。

作品所在地の地図

関連リンク

ぎ園甲部歌舞練場正門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ぎ園甲部歌舞練場本館
ぎ園甲部歌舞練場玄関
ぎ園甲部歌舞練場別館
弥栄会館
京都工芸繊維大学(旧京都高等工藝學校)正門及び門衛所
ページトップへ