黒書院三の間北襖西より5金具拡大

日本画 / 江戸 / 日本 

狩野派
かのうは
京都府
江戸時代
京都市中京区
収蔵場所:収蔵庫 部屋名:黒書院三の間 方角:北 内容:金具、文様
元離宮二条城
重要文化財

三の間北側の襖には、向かって右側から左の方へ金雲の中に稲刈りを済ませた田畑が現われ、その上空には一羽の白鷺が雄翔している。中央には老松の巨木が体をくねらせて横長の画面の中に収まった形で描かれている。さらに左方に移ると二羽の白鷺が寄り添い、大きく描かれた松や、かたわらの土坡にはすでに深い積雪が見られる。これら雪景を背景にしながらも、その裾には寒菊がひっそりと花を咲かせ、秋から冬への移りかわりを感じさせる作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒書院三の間北襖西より5金具拡大チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒書院三の間北襖西 全図
黒書院三の間北襖西より4
黒書院三の間北襖西より2
黒書院三の間北襖西より5
黒書院三の間北襖西より3
ページトップへ