文化遺産オンライン

古川家住宅蔵

ふるかわけじゅうたくくら

概要

古川家住宅蔵

ふるかわけじゅうたくくら

住居建築 / 昭和以降 / 近畿

滋賀県

昭和前/1926-1988

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積34㎡

1棟

滋賀県犬上郡豊郷町四十九院919

登録年月日:20070731

財団法人芙蓉会

登録有形文化財(建造物)

敷地の中央西寄りに建つ土蔵造2階建。桁行3間半,梁間2間半規模の南北棟で,切妻造,桟瓦葺の置屋根とする。東側の渡廊下に戸口を開く。切石積の基礎上に建ち,外壁は白漆喰塗で,腰を縦板張とする。1階西面と2階南面に窓を開き外観のアクセントとする。

古川家住宅蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

土蔵 / / 戸口 /

関連作品

チェックした関連作品の検索