文化遺産オンライン

中濱家住宅石垣及び塀

なかはまけじゅうたくいしがきおよびへい

作品概要

中濱家住宅石垣及び塀

なかはまけじゅうたくいしがきおよびへい

近代その他 / 明治 / 中部

愛知県

明治/1868-1911/1926-1988改修

石垣 石造、延長74m 塀 木造、瓦葺、延長51m

1基

愛知県名古屋市緑区有松2603

登録年月日:20080307

登録有形文化財(建造物)

敷地の東辺と北辺を廻る。東辺の石垣は人頭大の玉石積で、北辺は亀甲状の切石を精緻に積み、総延長は74mである。塀は石垣上に建つ板塀で、総延長51m、腰を簓子下見板張とし、小壁を黒漆喰塗とする。門や物置と連なり、統一感のある屋敷景観をつくる。

関連作品

チェックした関連作品の検索