大沢家住宅(埼玉県川越市元町) おおさわけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 関東 

埼玉県
江戸後期/1792
土蔵造、桁行10.9m、梁間8.5m、二階建、切妻造、正面庇付、桟瓦葺
1棟
埼玉県川越市元町一丁目15番地2
重文指定年月日:19710622
国宝指定年月日:
重要文化財

川越の明治大火に焼け残った江戸時代の土蔵造町屋。 建物は総二階で、一階を「みせ」、二階を座敷などに使っている。 意匠は地味であるが、質、保存は比較的よく、 川越土蔵造中最古の遺例である。

作品所在地の地図

関連リンク

大沢家住宅(埼玉県川越市元町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大沢家住宅
旧鯖波本陣石倉家住宅(旧所在 福井県南条郡南条町) 土蔵
旧山崎家別邸
日下部家住宅(岐阜県高山市大新町) 新倉
旧長谷川家住宅(新潟県三島郡越路町) 帳蔵
ページトップへ