Konnokejuutaku Chuumon

今野家住宅 中門

Details

Konnokejuutaku Chuumon

今野家住宅 中門

建造物 / 住居建築 / 江戸 / 明治 / 日本 / 東北 / 宮城県

江戸後期~明治初期

木造・寄棟・茅葺

1棟

県指定有形文化財

今野家住宅は、宮城県東北部、北上町橋浦<きたかみまちはしうら>にあった民家を移築し、建築された当時の姿に復元したものである。今野家は、江戸時代、桃生郡橋浦村<ものうぐんはしうらむら>の肝入<きもいり>を代々勤めてきた由緒ある家柄である。母屋の正面に位置するこの中門は、農具等を収納していたコマヤと、マヤと呼ばれる馬屋から構成されている。屋根は寄棟造で茅葺き。建築年代は不詳だが、明治8(1875)年の家相図に同形式の中門が描かれていることから、江戸末期から明治初期の建物と考えられる。【宮城県指定有形文化財】

Related Works

Search items related to work chosen