旧下関英国領事館 本館 きゅうしものせきえいこくりょうじかん ほんかん

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 明治 / 中国・四国 

山口県
明治/1906
煉瓦造、建築面積170.6m2、二階建、桟瓦葺
1棟
山口県下関市唐戸町3番1
重文指定年月日:19990513
国宝指定年月日:
下関市
重要文化財

下関英国領事館は明治34年の開設で,下関港唐戸桟橋北方の現在地に移ったのは,現建物が建設された同39年のことである。現在は下関市の所有で,ギャラリー・喫茶室等として公開活用されている。設計は,英国政府工務局上海事務所建築技師長のウィリアム・コーワン(William Cowan)である。
 本館,附属屋がそろう建物配置や執務室と住居を分けた本館の平面構成は,領事館の機能をよく示し,明治期の外交関連施設の一典型として貴重である。また,領事館として建設された建物のうち,我が国に現存する最も古い事例で,歴史的な価値も高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧下関英国領事館 本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧下関英国領事館 附属屋
旧長崎英国領事館 本館
旧長崎英国領事館 附属屋
旧長崎英国領事館 職員住宅
明治神宮宝物殿 事務所
ページトップへ