姫路城大天守 ひめじじょうだいてんしゅ

その他の画像全3枚中3枚表示

城郭建築 / 安土・桃山 / 近畿 

兵庫県
桃山/1608
五重六階、地下一階付、本瓦葺
1棟
兵庫県姫路市本町
重文指定年月日:19310119
国宝指定年月日:19510609
国(文部科学省)
国宝

姫山に設けられた赤松氏の居城にはじまると伝え,その後豊臣秀吉の中国攻めの拠点となり,次いで慶長五年(1600)に関ヶ原の戦いの功により城主となった池田輝政により増築を含む根本的な整備が行われ,慶長十四年末には概ね完成したと考えられる。大天守は外観五重,内部七階で,三基の小天守と渡櫓で繋がれて連立天守郭を構成する。我国の城郭建築最盛期を代表するものとして重要であり,白漆喰塗りの城壁の美しさから白鷺城の名で呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

姫路城大天守チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松江城天守
姫路城跡
彦根城天守、附櫓及び多聞櫓 天守
犬山城天守
熊本城 宇土櫓
ページトップへ