文化遺産オンライン

一橋大学兼松講堂

ひとつばしだいがくかねまつこうどう

概要

一橋大学兼松講堂

ひとつばしだいがくかねまつこうどう

近代その他 / 昭和以降 / 関東

東京都

昭和前/1927

鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1471㎡

1棟

東京都国立市中2-1

登録年月日:20000926

国立大学法人一橋大学

登録有形文化財(建造物)

東京商科大学国立移転のシンボル的建築。神戸の名士兼松房治郎の13回忌を期に,寄付で建設される。RC造2階建,外装スクラッチタイル張り,腰石張りで,正面妻面に校章を掲げる。伊東忠太設計のロマネスク風建築として知られる。

関連作品

チェックした関連作品の検索