大井上康学術文献資料館(旧大井上理農学研究所事務所及び実験所) おおいのうえやすしがくじゅつぶんけんしりょうかん(きゅうおおいのうえりのうがくけんきゅうしょじむしょおよびじっけんしょ)

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 中部 

静岡県
大正/1919
木造平屋建、鉄板葺、建築面積103㎡
1棟
静岡県伊豆市上白岩2000
登録年月日:20000926
登録有形文化財(建造物)

理学者大井上康が,葡萄研究所として自ら設計した木造,鉄板瓦棒葺,平屋建の洋風建築。正面に,方杖に支えられた玄関ポーチと上げ下げ窓を配し,外装を主として下見板張とする瀟洒な建物。品種改良の末,ここで初めて「巨峰」が栽培されたと云われる。

作品所在地の地図

関連リンク

大井上康学術文献資料館(旧大井上理農学研究所事務所及び実験所)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

海山町郷土資料館(向栄館)
明治村北里研究所本館
徳田発電所本館
三養荘(旧岩崎久彌別邸)本館客間棟
旧制弘前高等学校外国人教師館
ページトップへ