旧日光田母澤御用邸 御座所 にっこうたもざわごようてい ござしょ

住居建築 / 江戸 / 関東 

栃木県
江戸末期/1830-1843
木造、建築面積274.93m2、二階建、一部三階、銅板葺
1棟
栃木県日光市本町8番27号
重文指定年月日:20031225
国宝指定年月日:
栃木県
重要文化財

旧日光田母澤御用邸は,日光二荒山神社神橋の西方約1kmに位置している。皇太子明宮嘉仁親王(大正天皇)のため,明治32年に創設され,大正7~10年に大規模な増改築が行われ,現在の姿がほぼ完成した。建物は,木造平屋建,一部2階建もしくは3階建,銅板葺で,謁見所を中心とした表向き部分,御座所や皇后御座所などの居住部分,女官部屋,主殿寮,調理所などの家政部分からなり,建築面積は約4500平方メートルに及ぶ。
 広大な建築群は,全体計画から細部に至るまで宮内省内匠寮により綿密に設計・監理され,主要建物は吟味した良材を用いた精緻なつくりになる。
 明治・大正期の木造の大規模な御用邸の全体が完存しており,貴重である。また,比例から細部に至るまで優秀な意匠で,近代和風住宅の一典型を示すものとして高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

旧日光田母澤御用邸 御座所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧日光田母澤御用邸 謁見所
旧日光田母澤御用邸 調理所
旧日光田母澤御用邸 皇后御座所
旧日光田母澤御用邸 内謁見所
旧日光田母澤御用邸 主殿寮
ページトップへ