石清水八幡宮 摂社狩尾社本殿 いわしみずはちまんぐう せっしゃとがのおしゃほんでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 近畿 

京都府
桃山/1601
三間社流造、檜皮葺、周囲玉垣附属
1棟
京都府八幡市八幡、同橋本狩尾
重文指定年月日:20081202
国宝指定年月日:
重要文化財

 石清水八幡宮は、寛永11年(1634)建築の本殿などを含めた中心社殿が、すでに重要文化財に指定されている。周囲の摂社若宮社、若宮殿社、水若宮社、住吉社の各本殿や、東総門、西総門、北総門も、中心社殿と同時期の建築であり、飛地境内に所在する摂社狩尾社本殿は、慶長6年(1601)に建てられた、境内最古の社殿である。
 摂社若宮社、若宮殿社、狩尾社の各本殿は、石清水八幡宮の社殿形式の展開を知る上で重要な社殿である。同時期に建立された摂社水若宮社、住吉社本殿、東総門、西総門、北総門も、これらとともに近世初頭の境内構成を伝えており、価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

石清水八幡宮 摂社狩尾社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石清水八幡宮 摂社若宮社本殿
石清水八幡宮 摂社住吉社本殿
石清水八幡宮 摂社水若宮社本殿
石清水八幡宮 摂社若宮殿社本殿
石清水八幡宮 東総門
ページトップへ