旧中埜家住宅(愛知県半田市天王町) なかのけじゅうたく

住居建築 / 明治 / 中部 

愛知県
明治/1911
木造、建築面積229.0m2、二階建、スレート葺
1棟
愛知県半田市天王町一丁目30番地
重文指定年月日:19760203
国宝指定年月日:
半田市
重要文化財

ハーフティンバー(木骨を化粧として壁面に現わす)二階建になる。複雑な壁面と急勾配の屋根をうまく組合わせて、変化に富んだ外観を造り上げている。
ハーフティンバースタイルの住宅の遺例として重要であり、ほとんど改造もなく、きわめて保存がよい。設計は鈴木禎次といわれている。

作品所在地の地図

関連リンク

旧中埜家住宅(愛知県半田市天王町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧トーマス住宅(兵庫県神戸市生田区北野町)
旧堀田家住宅(愛知県津島市禰宜町) 西蔵
旧堀田家住宅(愛知県津島市禰宜町) 東蔵
旧小寺家厩舎(兵庫県神戸市生田区中山手通)
半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)ハーフティンバー棟
ページトップへ