闘牛技/20 マドリード闘牛場でフアニート・アビニャーニが見せた敏捷さと大胆さ とうぎゅうぎ/20 まどりーどとうぎゅうじょうでふあにーと・あびにゃーにがみせたびんしょうさとだいたんさ

版画 

ゴヤ・イ・ルシエンテス、フランシスコ・デ (1746-1828)
ごや・い・るしえんてす、ふらんしすこ・で
スペイン
1816年10月出版(初版)
エッチング、アクアチント
24.5×35.5cm
1

アビニャーニは1750~70年にかけて活躍し、敏捷な技で名をなした闘牛士。くっきりとした線で明快な効果を持つ闘牛士と牛に対し、後方の観客席はやや弱い線で描かれ、空気遠近法的な手法が駆使されている。軽業のような跳躍に対し、牡牛は攻撃目標を闘牛士を支える跳躍の棒に替えている。明るい地面を背景に筋肉質の牡牛の黒い姿態が重厚な存在感をもって迫ってくるのに対し、闘牛士のはなれ技はいとも軽やかである。

作品所在地の地図

関連リンク

闘牛技/20 マドリード闘牛場でフアニート・アビニャーニが見せた敏捷さと大胆さチェックした作品をもとに関連する作品を探す

闘牛技/28 勇敢なレンドーンは、マドリード闘牛場で牡牛を長槍で突きながら、その技の最中に死んだ
闘牛技/5 勇壮なモーロ人ガスールは、規則に従って牡牛を槍で突いた最初の男である
闘牛技/11 英雄エル・シッド、別の牡牛を槍で突く
闘牛技/11 英雄エル・シッド、別の牡牛を槍で突く

ゴヤ・イ・ルシエンテス、フランシスコ・デ

南予地方の牛の角突き習俗
妄/1 女の妄
妄/1 女の妄

ゴヤ・イ・ルシエンテス、フランシスコ・デ

ページトップへ