旧日向家熱海別邸地下室 ひゅうがけあたみべっていちかしつ

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 中部 

静岡県
昭和/1936
鉄筋コンクリート造、建築面積185.58平方メートル、階段附属
1棟
静岡県熱海市春日町8番37号
重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:
熱海市
重要文化財

旧日向家熱海別邸は,熱海駅の東方約300mの斜面に位置する。
 実業家日向利兵衛の別邸で,地下室は上屋の竣工後,地下構造体を利用して造られた。設計はブルーノ・タウトで,昭和11年に竣工した。
 平面は,社交室,洋風客間,日本間などを東西に並べ,洋風客間と日本間の背後に床高を利用して上段を設けている。社交室の照明は,天井から竹を二列に吊り,そこから多数の電球を下げて波形をつくる特異なものである。
 旧日向家熱海別邸地下室は,伝統素材を多用した社交室,色彩豊かな洋風客間,材料や寸法の整った日本間等,各室の内装がよく吟味され,意匠的に優秀である。
 ドイツの表現主義建築を主導し,日本美の再発見に努めた著名なドイツ人建築家のブルーノ・タウトが,日本に唯一残した建築として,重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧日向家熱海別邸地下室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧山崎家別邸
東山荘離れ
国立西洋美術館本館
三河家住宅
旧川上家別邸 主屋
ページトップへ