文化遺産オンライン

紅屋商店主屋

べにやしょうてんしゅおく

概要

紅屋商店主屋

べにやしょうてんしゅおく

住居建築 / 昭和以降 / 関東 / 千葉県

千葉県

昭和前/1926頃

木造2階建、瓦葺、建築面積53㎡

1棟

千葉県館山市長須賀1

登録年月日:20070731

登録有形文化財(建造物)

店舗東側に連続し,東西棟の切妻造,桟瓦葺,木造2階建で,南面西端に入母屋造の玄関を設ける。1階は8畳の仏間,2階は床・棚付の8畳の座敷と8畳の次の間からなる。店舗とほぼ同時期の建築で,店舗と繋がりをもった当時の住まいの形態を伝える。

紅屋商店主屋をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

店舗 / / / 木造

関連作品

チェックした関連作品の検索