Aoshimadanchiseishokubutsugunraku

蒼島暖地性植物群落

Details

Aoshimadanchiseishokubutsugunraku

蒼島暖地性植物群落

天然記念物 / 中部

福井県

小浜市加斗

指定年月日:19510609
管理団体名:小浜市(昭33・11・6)

史跡名勝天然記念物

 蒼島は小浜湾内の一小島である。ここにみる植物群落中ナタオレノキはモクセイ科のモクセイ属の一種で從来知られた産地は屋久島、種子が島を経て九州本土に達し、また韓国巨文島にもこれを見るがこの木が北陸の一小島に孤立して多数自生するのは分布上異色といふべくその最大のものは頂上に見られる一株で周囲8尺余に及ぶものがある。
 ナタオレノキのほかにムベサカキ、ヤブツバキ、カラクチバナ、ムサシアブミなどの暖地性植物が繁茂し、しかも近距離の本土には絶えてこれを見ない。

Related Works

Search items related to work chosen