Nunobikisuigenchisuidoshisetsu Gohommatsuentei

布引水源地水道施設 五本松堰堤

Details

Nunobikisuigenchisuidoshisetsu Gohommatsuentei

布引水源地水道施設 五本松堰堤

近代その他 / 明治 / 近畿

兵庫県

明治/1900

重力式コンクリート造堰堤、堤長110.3m、堤高33.3m、高欄付

1所

兵庫県神戸市中央区葺合町

重文指定年月日:20060705
国宝指定年月日:

神戸市

重要文化財

布引水源地水道施設は、神戸港に注ぐ生田川の中流域に位置する上水道施設である。神戸水道事務所の吉村長策及び佐野藤次郎を中心として建設が進められた。五本松堰堤、雌滝取水堰堤及び布引水路橋は、明治33年の竣工である。同40年に分水施設、翌41年に締切堰堤及び放水路隧道が増設された。全体計画や施設配置には、土砂流入防止を意図した貯水・取水機能に分水・放水機能を付加するなど特色がある。
 布引水源地水道施設は、神戸の創設水道施設で、建設当時、最大規模を誇り、明治期を代表する水源地水道施設の一つとして重要である。中でも、五本松堰堤は、我が国における重力式コンクリート造堰堤の嚆矢で、近代堰堤の一つの規範を示す構造物として、土木技術史上、高い価値がある。

Related Works

Search items related to work chosen